揚羽蝶
主に乙女ゲー大好きなコスもしちゃってる人間の日記。

  • 09 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  >> 11

 プロフィール

雨芽

Author:雨芽
ネオロマとビタミンとうたプリが熱い東京住みの人間です。
内容はその時ハマっているものに左右されがちです。
というか、節操ナイです。
コスもしちゃってますー

基本mixi中心です。
ココに載せるコス写は主に速報の写メのみ。


※注意!記事にはネタバレ内容が含まれている場合があるのでお気を付け下さい!!


――――――――――

好きなもの
ネオロマ、ボカロ、ビタミン、うたプリ・カーニヴァル、などなど。

VitaminX→清春・一・瑞希
遙か5→アーネスト・帯刀・チナミ
遙か4→那岐・アシュ・忍人・サザギ
遙か3→銀・平家・白龍(小)・朱雀
遙か→季史
コルダ→柚木・衛藤・加地・志水
ネオアン→エレンフリート・ヒューガ
うたプリ→翔・レン
カニヴァ→喰・キイチ・无
ボカロ→レン・リン

――――――――――

好きな声優
・入野自由
・吉野裕行
・下野紘
・高橋広樹
・小野大輔
・宮野真守
・平川大輔
・木村良平
・福山潤
・宮田幸季
・保志総一朗
・岸尾だいすけ
・楠大典
・櫻井孝宏
・鈴村健一
・杉田智和
・中村悠一
・浪川大輔
・関俊彦
・谷山紀章
・皆川順子
・斎賀みつき
・田村ゆかり


 カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 ♪大好き♪

まけてはならんのだー あかや 黒ゆっきー 参謀 ぶんた じゃっかる 詐欺師 ジェントルマン 俺様 じろ がっくん おっしー 無駄様 えくすたしー いとこ ブン太 赤也
サド王子 銀さん
那岐×千尋同盟 弁慶さん


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブロとも一覧

 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

 FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


 お手紙!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
--/--/-- (--)
Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

  

この翼をひろげて行く場所は
2006/07/25 (Tue)
Category : 雑記とか色々ミックス!(?)

雲雀夢~☆★☆
ヒロイン名前は同じでも性格違います。なんか書き辛かったので変えました!自分の書き易い様に。

それではどうぞ…

《Read More・・・》
この空はどこまでも続いているから
君だけはとくべつで
君がいない世界なんて考えられないから
僕は飛んでいくんだ

君のもとへ

世界はどこまでも広がっているけど
そんなの関係ない
僕は君がどこにいるかなんてすぐにわかるんだよ
…どうしてだか、わかる?
それは―――――





校舎裏で人が数人倒れていた。その中に一人だけ立っている人がいる。
本来の制服はブレザーだがその人は学ランを着、左腕には風紀と書いてある腕章を付けている。

「弱いくせに僕の前で群れてるからだよ」

風紀委員長の雲雀はトンファーを振って付いた血を払った。
倒れている内の一人がうぅっ…と呻き声をあげた。
雲雀はその男の頭を蹴り、校舎の方へ歩いていった。




雲雀は応接室に着きドアを開けた。

ガチャ

「ひっばーりさーーーん!!」

ドスッ

「っ!?」

ドアを開けたら突進する勢いでいきなり由衣が抱きついてきた。

「……何するの?」

雲雀は由衣にトンファーを突き付けた。

「ひぃぃぃぃ!!!ごめんなさいぃぃ!!!トンファーを突き付けないで下さい恐い恐い恐い恐い恐いっ!!!!!」

由衣は抱き付いたまま仰け反るような態勢になる。

「で?」

雲雀はトンファーをしまった。

「だ、だって呼び出したの雲雀さんのくせに全然来ないんだもん!!」

「だからっていきなり飛び付くことないでしょ」

由衣はまだくっついたままだ。

「これは私なりの愛情表現なんです」

「ずいぶんウザイ愛情表現だね」

雲雀はため息をついた。

「ひどっ!!!それでも彼氏ですか!?」

「…ホントだよね。どうして僕こんなのと付き合ってるんだろ」

由衣がこんなのって…と思いながら見上げて見た顔はなんだか真剣だ。

「へ?雲雀さん…?」

と思ったら雲雀はニヤリ、と笑った。
由衣はよくわからなくて頭のうえに「?」マークを浮かべている。

「…うそ。ほら、言うでしょ?好きな子ほどいじめたくなる、ってヤツ。由衣だっていけないんだよ?いきなり抱き付くんだから」

「………愛情表現ですから」

「うん。じゃあ、次は僕の番だよね」

「ひば…?え?ばん…?」

由衣は離れようとしたが雲雀に抱き締められてて離れられない。

「そう。次は僕の愛情表現の番。…覚悟してね?」

雲雀は楽しそうに、けれど不敵に笑った。
由衣は今度は心の中で悲鳴を上げていた。


由衣がいけないんだ。僕は男なのに自分から抱き付くから。

戦うのもいいけど、由衣といるときの方がもっと楽しいんだ。(からかったりすると特にね)
僕らしくない。そんなのは自分が一番理解している。けど好きになったものはしょうがない。
だから、君はもう逃げられないんだよ?
どこにいても必ず見つけるから。


君の事、スキだから―――――
スポンサーサイト
   THEME : 【腐女子用】家庭教師ヒットマンREB@RN! - GENRE : アニメ・コミック

0    0


 |  BLOG TOP  | 

+NAME+
+MAIL+
+URL+
+TITLE+
+COMMENT+
+PASS+    管理者にだけ表示





トラックバックURL

http://amekomiya.blog69.fc2.com/tb.php/60-c018b5ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。