揚羽蝶
主に乙女ゲー大好きなコスもしちゃってる人間の日記。

  • 09 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  >> 11

 プロフィール

雨芽

Author:雨芽
ネオロマとビタミンとうたプリが熱い東京住みの人間です。
内容はその時ハマっているものに左右されがちです。
というか、節操ナイです。
コスもしちゃってますー

基本mixi中心です。
ココに載せるコス写は主に速報の写メのみ。


※注意!記事にはネタバレ内容が含まれている場合があるのでお気を付け下さい!!


――――――――――

好きなもの
ネオロマ、ボカロ、ビタミン、うたプリ・カーニヴァル、などなど。

VitaminX→清春・一・瑞希
遙か5→アーネスト・帯刀・チナミ
遙か4→那岐・アシュ・忍人・サザギ
遙か3→銀・平家・白龍(小)・朱雀
遙か→季史
コルダ→柚木・衛藤・加地・志水
ネオアン→エレンフリート・ヒューガ
うたプリ→翔・レン
カニヴァ→喰・キイチ・无
ボカロ→レン・リン

――――――――――

好きな声優
・入野自由
・吉野裕行
・下野紘
・高橋広樹
・小野大輔
・宮野真守
・平川大輔
・木村良平
・福山潤
・宮田幸季
・保志総一朗
・岸尾だいすけ
・楠大典
・櫻井孝宏
・鈴村健一
・杉田智和
・中村悠一
・浪川大輔
・関俊彦
・谷山紀章
・皆川順子
・斎賀みつき
・田村ゆかり


 カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 ♪大好き♪

まけてはならんのだー あかや 黒ゆっきー 参謀 ぶんた じゃっかる 詐欺師 ジェントルマン 俺様 じろ がっくん おっしー 無駄様 えくすたしー いとこ ブン太 赤也
サド王子 銀さん
那岐×千尋同盟 弁慶さん


 最近の記事

 最近のコメント

 最近のトラックバック

 月別アーカイブ

 カテゴリー

 ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 ブロとも一覧

 ブログ内検索

 RSSフィード

 リンク

 FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


 お手紙!

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
--/--/-- (--)
Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

  

Dream Dream Dream
2006/07/22 (Sat)
Category : 雑記とか色々ミックス!(?)

ラブレボ小説です。剣ヒトです。
といってもふっつーです。
《Read More・・・》



「はぁぁぁぁぁ………」

「何盛大なため息してんスか」

剣之助の言うとおり、盛大なため息を洩らしたヒトミは無事ダイエットを成功させ、今年のホワイトデーに剣之助と晴れて付き合うことになったのだ。
新学期も始まり新学年になった。
今日は日曜日で剣之助の部屋に遊びに来ている。

「いいよねぇ…橘くんは」
剣之助が作ったケーキが目の前にあるにも関わらず、食べようとせずヒトミは机に突っ伏している。
いつもと違うヒトミに剣之助は怪訝に思う。

「何がっスか?」

「橘くんには立派な夢があるじゃない。私には何もないなぁ~って…」
ヒトミは突っ伏した状態のまま目だけ剣之助に向ける。
もうすぐ進路調査があってね、と付け加えた。

あぁ、そういうことか。
「先輩。そういうものは無理に見つけることないっスよ」

「えっ?」
ヒトミは少し顔を上げた。

「自分の夢とかやりたい事って無理に見つけようと思っても見つかるもんじゃないと思うし。俺は偶々見つかるのが早かっただけで。今すぐに見つからなくても焦らないで先輩の速さで見つけていけばいいんじゃないっスか」

「……そっか!そうだよね!!」
そう言って頭を思い切り上げたヒトミの顔はさっきより、表情が明るくなっているようだ。

「3年生になって周りの人達がどんどん進んでいって、自分だけが取り残されていく感じがして少し焦ってたんだ…。でも、うん。そうだよね。橘くんのおかげですっきりしたかも!!」
いつものヒトミだ。

「それならよかったけど…先輩。新作のケーキ、食べないんスか」

ヒトミは今思い出したように
「あ!!そうだった…すっかり忘れてた!!橘くんの新作かぁ~。それじゃぁいただきまーすv」
ん~おっいしぃ~vと、とても幸せそうに食べている。

そしたらいきなり、
「あ!私の将来の夢、橘くんのお嫁さんでもいいよね~。」

「!!?」

「そしたら、こんなおいしいケーキ、食べ放題だもん!!」
ヒトミは名案を思いついたような顔でニコニコしながら言った。
剣之助は今、飲み物を飲んでいたら確実に吹き出していただろう。

「そ、そうっスか…。…先輩なら喜んで貰いますよ」
剣之助も負けじと言い返した。しかし、嘘は言っていない。
ヒトミなら。

ヒトミは少し驚いてから、
「あ…いや、うれしいんだけど、とってもうれしいんだけど、突っ込んでほしかったな…。は…恥ずかしい……」
あはは、と笑いながら頬がほのかに赤くなりフォークを持ったままうつむく。

「…言い出したの先輩っスよ。でも俺、嘘ついてないから」

剣之助もつられたように赤くなる。

ヒトミは小さくコクッと頷いた。

しばらく沈黙が続いたがヒトミが耐えられなくなり、
「…ぷっ…何言ってるんだろうね、私たち」

頬が少し赤いまま照れたように笑う。

「橘くん!私、自分のペースで頑張るよ!!私が落ち込んだりしたらまたケーキ、食べさせてねっ」

「もちろんスよ。いつでも食べにきてください。先輩なら大歓迎スから」

「うん!!」

「先輩、頑張れ」








ははははははは…は。
剣之助に頑張れって言わせたいが為に書いたブツっス。
自分が(名だけの)受験生なので。
ちなみに題は小6の時にやった劇から。
ネタは日本史の授業中に。
スポンサーサイト
  

0    0


 |  BLOG TOP  | 

+NAME+
+MAIL+
+URL+
+TITLE+
+COMMENT+
+PASS+    管理者にだけ表示





トラックバックURL

http://amekomiya.blog69.fc2.com/tb.php/49-9e79bd43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。